前へ
次へ

賃貸マンション経営、アパート経営との違いは

老後の生活資金の為や土地活用として、賃貸マンションやアパート経営を考える人もいるようです。ここでは、この2つの違いについて見ていきましょう。まず賃貸マンション経営というのは、マンションなどの一部屋を購入して賃貸するやり方が一番多い投資法です。うまく行けば、その資金を元に他の部屋も購入することも出来ますので、1棟単位よりも手軽に始められると言えるでしょう。ただし、空室が出てしまえば一気に収入がゼロになるリスクは伴います。それを避けるには事前に充分な調査をし、空室となっても短い期間で新たな入居者が入るような優良な物件を見つけることが肝心です。一方のアパート経営は、基本的にはその建物1棟まるごとが対象となります。1部屋空室が出ても他の家賃収入で補うことも可能ですが、立地的に空室が出やすい物件というものもあります。地域にもよりますが、例えば、都会で駅から遠い物件などは気を付けた方が良いでしょう。その他様々な条件を検討し、空室が出にくい物件を選ぶことが肝心です。またアパートの構造は木造が中心となるため、火災などの災害リスクを想定することが必要です。従って、火災保険や地震保険などに必ず加入することが大切となります。

Page Top