前へ
次へ

賃貸マンションの火災保険の必要性

賃貸マンションの契約の際には、必ず火災保険への契約も盛り込まれます。賃貸マンションの賃借人が加入する火災保険の目的は、建物を原状回復するためと、自分の家財を守るためです。いかなる状況にあっても、退去するときには原状回復する義務がありますので、火災などが起こって建物が焼失したりしたら、大変な金額をかけて原状回復する義務が生まれます。これは自分が火を出してしまった場合だけが該当するものではなく、隣室や隣家から延焼しても起こりえます。もちろん、あってはならないことですが、賃借人が契約する家財保険と借家人賠償責任保険は、確実に必要なものと心得ましょう。また、地震保険は火災保険とセットでなければ入れないため、賃貸マンションの場合は貸主が加入を決めます。賃借人が入るのは家財保険、借家人賠償責保険、個人賠償責任保険などが一般的です。家財保険は自分の家財を守るため、借家人賠償責任補償は自分とオーナーのため、個人賠償責任補償は日常生活でトラブルが起こった場合のためと認識しましょう。

Page Top